多肉植物ガステリア&オブツーサの栽培と組織培養

サボテンから多肉植物に移ってきました。
まだ初心者ですが、ガステリア・オブツーサに魅せられ栽培を始めました。
遅い生育をなんとか早めようと、促成栽培に焦点をあてています。
ぜひ皆様のお知恵を拝借させてください。

8.ガステリア属バッケリーの葉挿し-2

ガステリア属バッケリーの葉挿しテストです。
6か月半後の姿です。8枚の内4枚は失敗しましたが、4枚からは発根しています。
まだ発芽は見られません。
焼き赤玉土細粒を使い水耕栽培中です。
培養液はハイポネックス6-10-5原液を2000倍に希釈して使ってます。




7.ガステリア属バッケリーの葉挿し-1

ガステリア属の葉挿しは、サボテンや他の多肉植物と比べ、意外と簡単・・・ではありません。
まず、健康な葉を用意します。経験不足だった私は、苗から挿し葉を採ったこともありましたが、失敗しました。どの程度が健康なのかと聞かれても困りますが、とりあえず1年間育てていてそれなりに成長している葉なら大丈夫でしょう。汗。

↓ 下に以前、葉挿しを始めたときのものをご覧にいれます。

親から採取して、ある程度切断面を乾燥させ、その後、多少の湿り気を与えるためにミズゴケを巻いてあります。

一番大きいので8cm、小さいので4cmほどのものです。  


ここでは見えませんが、白い巻紙の下あたりに、発根促進のためキズをつけホルモン剤と殺菌剤を塗布してあります。 -2へ続く

5.恐竜


巾広厚葉の巨大ガステリアです。
葉巾が広く短く葉先が軍配状になるのが良型とされます。
大きく育てたいもののひとつですが、なかなか成長してくれません。泣


↓ 励みになりますのでポチっとお願いします。

第一号の記念すべき臥牛

私のガステリア属、入手第一号の記念すべき臥牛です。
13年12月30日、オークションにて抜き苗@71円送料170円送金料110円合計351円で入手しました。
左右広がり6.7cm葉幅2.8cmです。



3年経過した現在は、左右広がり8.7cm葉幅3.3cmです。ちょっと徒長気味です。

↓ 励みになりますのでポチっとお願いします。